出店者紹介

棘屋

レペゼン出町柳。京都が生んだ世界一小さなサボテン屋。

人情味溢れる人柄とウェットに富んだピンクジョークを武器に、誰が呼んだかサボテン界の寅さん。

軽トラ一杯にサボテン積んで西へ東へ。カワイ子ちゃんにはサービスしても、ケチな野郎にゃっドロップキック。刺刺するのはサボテンだけにして、ニコッと笑顔で毎度おおきに。

そんな寅さんakaコマちゃん、今回も陶芸家のDAISAKさんとのコラボです

棘屋さんは京都出町柳にお店を構えていらっしゃいます

インスタグラム @togeya1226

TUKKA JA KUKKA

抜群のセレクトセンス。トゥッカヤクッカさんを語るうえでその卓越したチョイスは外せません

毎回、誰が見ても納得のクオリティーで植物を選んでくるあたりは脱帽を越え、尊敬に値します

陶芸家の仲上さんとコラボレーションした植木鉢もファンの心を鷲掴み

トゥッカヤクッカさんは京都市西京区の大原野に店舗を構えていらっしゃいます

同一店舗内に奥様の美容室も併設され、洗練された空間に地元のみならず遠方からのファンも多数

インスタグラム @tukkajakukka_plants

オマメプランツ

個性的な帽子と髭。愛嬌のある笑顔がキャラ立ちしているオマメプランツさん。

知識と経験に裏打ちされたマニアックかつキャッチーな植物たちは店主のそれを彷彿とさせます

私が植物にハマるきっかけのひとつはオマメプランツさんだったのはココだけの話

オマメプランツさんは植物販売の他、植木屋さんも営んでいらっしゃいます

実店舗はありませんが、各イベントへの出店を精力的に取り組んでいらっしゃいます

インスタグラム @omame_plants

Rosetta*H

ご夫婦で営まれているロゼッタアッシュさん。特筆すべきはそのチームワークです。お互いの仕事を尊重し合い、うまく長所を生かしていらっしゃるのがいつも見ていて素晴らしいと感じます

お花~観葉植物、アレンジメントや植栽など京都、東京で幅広くご活躍です

当日も幅広いラインナップで抜群の品数を披露してくれると期待しています

ロゼッタアッシュさんは京都市西京区にお店を構えていらっしゃいます

インスタグラム @satoshowhey @kazuyo_eguchi

Botany Valley

今度タイの観光案内してくださいよ!といった僕に増川さんは「ほとんど山奥に居るから街とかわからないんです」と…

日本とタイを行き来し、ビカクシダを輸入販売されています

信頼できる農家さんと自分も一緒になって育てた珠玉の植物たち。

ひょうひょうとしながらもすごいことをやってしまっている増川さんのビカクシダを是非会場で。

ボタニバレーさんは実店舗はありませんが、ヤフオクで出品されています

インスタグラム @botanyvalley

植物ノアレコレミドリムシ

路地裏の隠れ家。こんな形容が最も似合うお店が植物ノアレコレミドリムシです。ご夫婦でそれぞれのプロダクトを展開、同じ店舗内にご主人のお店チニアシツケル(古道具・道具)があります

独特な雰囲気のお店なのに、懐かしいような居心地は店主のセトさんの空気感や世界観が見事に表現されているからかもしれません

ご来場の際はこだわりの植物たちと共にそんな空気を感じ取って下さい

植物ノアレコレミドリムシは京都三条にお店を構えていらっしゃいます

インスタグラム @midorimushi_yuka

studio 2065

直接心に響く...そんなコンセプトをお持ちのstudio2065さん。その作品やチョイスされた植物たちにはハマナカさんの世界観が溢れています

オーダーメイドのアレンジメントはとても人気で記念日に毎年オーダーされる方も多数。

ご来場の際は是非、ファンタジックな世界観をご覧ください

studio2065はホテルアンテルーム1Fにお店を構えていらっしゃいます

インスタグラム @studio2065

亀山造園

京都を中心に造園業を営む亀山さん。造詣が深く、学生時代には乗馬もこなされていたそうでとてもダンディズムに溢れた方です。

そんな亀山さんが作るコケリウム(苔リウム)は流石は一流の庭師さん!と唸るほどの世界観。小さな器に時には日本庭園の様な趣、時には壮大な自然を思わせる風景が浮かびます。

石ひとつをとっても、どの角度でどういった位置に置くか。丹念に石と対話を繰り返すと言います。

ずっと眺めていられる苔の風景。是非、ご来場の際は亀山造園さんの苔にご注目ください!

亀山造園さんは西京区に事務所を構えていらっしゃいますが、コケリウムの販売はイベントなどへの出店のみとのことです

インスタグラム @yuuhikameyama

第2回京都赤玉土の出店者紹介その2

ハッパナーセリー/森林食堂

京都で言わずと知れたカレーや「森林食堂」。その植物部門がハッパナーセリーです

森林食堂は京都二条(京都市中京区西ノ京内畑町24−4)にお店を構えられて6年。ケータリングから人気店になった叩き上げ♬

ご夫婦ともにスパイスマニアということでカレーのスパイス同様、店主が自ら選び抜き大切に育てた愛情たっぷりの植物を出品してくださいます。

植物の他にも作家さんとのコラボレーションも積極的に取り組み、オリジナルの鉢も人気が高い。

今回は〈アガベとか〉と〈逸品〉

個人的には”とか”って何持ってくるんだ?と気になっています笑

是非、お越しの際はハッパナーセリーさんの”とか”にご注目ください!!

インスタグラムアカウント @happanursery 

第2回京都赤玉土開催まであと10日程となりました。今日から出店者の紹介をしていきます

まず、一日目の今日は「Natty Plant]です

何を隠そう記事を書いているのもナッティプラントでして、自己紹介ですね笑

京都市西京区の端っこ向日市との境にあります美容室hair Nattyの片隅で常時販売しています

春~秋は屋外栽培に切り替える為店舗内の植物は少なくなりますので、ご来店前にお問い合わせ頂ければ準備しておきます!

取り扱っている植物はブロメリアの中でも、ネオレゲリア、エクメア、ホヘンベルギアとティランジアがメインです。物凄くレアなものがあるわけではなく店主の好みが偏った品揃えです

一言にブロメリアと言ってもその種類は膨大で現在日本で流通しているものはほんの一部、さらに人気の品種はほんの一握りです。そんなドストライクではなくちょっと外れ気味な品揃えと思っていただければわかりやすいと思います。運よく好みのタイプが見つかればまさに一期一会ですので是非お買い求めください